医師の8割が自分を“不養生”と感じ、寸暇を見付けて眠るギリギリの毎日であることが分かった(Vol.2「眠い、疲れた、休みたい…でも」参照)。医師たちは、どうしてこんな悪循環になってしまったと認識しているのか、また、どうすればこの状況が解決できると考えているのか。自由記述欄に寄せられた696人のコメントから、その答えを探した。

こんなヘトヘトに誰がした!の画像

ログインして全文を読む