昨シーズンから話題の「タミフルと異常行動」の因果関係については、インフルエンザの流行が始まった今も、まだ結論が出てない。昨シーズン、1万人規模の患者を対象として行われた調査の解析結果が12月中にも公表される見込みだが、これでも人数が不十分だという指摘もある。期待されるのは、国立感染症研究所が今シーズン実施する「インフルエンザと異常行動」の全数調査。その概要を主任研修者の岡部信彦氏に聞いた。

症例報告求む!「インフルエンザと異常行動」の画像

ログインして全文を読む