英国には薬の“1国2制度”が存在する。例えば、「スコットランドでは使えるのにイングランドとウェールズでは使えない」薬があり得るのだ。その一例が、エルロチニブ(日本での商品名タルセバ)。日本では、10月19日に承認されたばかりの非小細胞肺癌の治療薬だ。

ログインして全文を読む