従来のエコーの問題を技術面から解決しようという動きが出てきた。それが3次元エコーの登場だ。超音波スキャンおよび処理能力が向上した結果、プローブ内を2次元エコーのプローブが高速で振動することで、多方向に超音波を出し、得られた2次元画像を再構成して3次元画像を得られるという。

3次元エコーは乳癌検診を変えるかの画像

ログインして全文を読む