6月30日に開催された日本疲労学会で、慢性疲労症候群(CFS:chronic fatigue syndrome)の新しい診断指針が発表された。慢性疲労症候群は原因不明の強い疲労が6カ月以上にわたって持続する疾患だ。これまで使用されてきたわが国の診断基準は、1992年に策定されたもので、15年ぶりの改定となる。

「原因不明の疲労」の診断が容易にの画像

ログインして全文を読む