高齢者の主治医に求められるのは、何歳までも付き合っていくという心構え。いざ何かあったときにも戸惑わず、本人が望む医療を最期まで提供しなければならない。そのためには終末期にどんな対応をしてほしいのかという希望を早いうちに確認しておくことが重要だ。

終末期に備え、まず聞いておきたい栄養経路の画像

ログインして全文を読む