不眠を訴える高齢者は多いが、それを治療するか否かは医師によって意見が異なるのが現状だ。しかし「どうしても薬で眠りたい」と希望する患者もいる。では睡眠薬を処方する際、どんな点に注意したらよいのだろうか。久留米大精神神経科教授の内村直尚氏は、「半減期が短く、筋弛緩作用がほとんどない、ゾルピデム、ゾピクロン、リルマザホンなどを使用するのがいいだろう」とアドバイスしている。

ログインして全文を読む