認知症と診断した後、ドネペジル(商品名アリセプト)の処方だけでフォローしてはいないだろうか。認知症は、時間の感覚を持たせるとともに、自分の役割や楽しみを持たせることで、進行を遅らせたり家族とのトラブルを未然に防ぐことができるといわれる。デイケアなどの介護保険サービスを紹介するのはもちろんだが、主治医として、診療の中でも有効な介入をしたい。

認知症への介入に「生活処方せん」の画像

ログインして全文を読む