労災(公務災害)として認定されると、かなり手厚い補償が受けられる。例えば、年収が1080万円の医師が労災認定された場合、遺族の数に応じて約460万〜740万円の年金が、毎年支給されることになる。これらの年金は非課税だ。

労災認定でいくら支給される?の画像

ログインして全文を読む