病院へ通勤する途中、交通事故に遭って死亡。通常なら労災として認められてもいいはずだが、その医師が大学院生という立場であったために認められていない事例がある。33歳で亡くなった、前田伴幸医師のケースだ。

徹夜明けに運転、交通事故で即死の画像

ログインして全文を読む