【緊急掲載:中越沖地震関連】「たこつぼ型心筋障害」は1990年、当時広島市民病院に勤務していた佐藤氏らのグループにより世界で初めて報告された。2006年には、新潟県中越地震で被災後に多発したことを示す調査結果が明らかにされ、ストレスとの関連からもその名が知られるようになった。最近は海外からの報告も相次いでおり、注目を集めている。

「たこつぼ型心筋障害」を広島から世界に発信の画像

ログインして全文を読む