外来のコミュニケーションで最も気を遣わなければならないのは、患者の訴えをしっかりと傾聴して、何を不安に思いどんなことを望んでいるのかを把握することだ。それができているか否かで、共感の言葉がけや説明の効果もまた違ってくる。

説明も言葉がけも患者の「要望」の把握からの画像

ログインして全文を読む