処方せんの「後発医薬品への変更可」欄の署名・押印したことがある医師は約6割で、後発医薬品の品質に不安を感じている医師が多いことが明らかになった。一方、薬剤師は約9割が「後発医薬品への変更可」の処方せんを受け付けているが、後発医薬品の備蓄や供給に不満を持っていることが明らかになった。

「後発医薬品を積極的に使う」は3割弱の画像

ログインして全文を読む