「ドクターコールに『応じる』は34%にすぎず」で紹介した通り、本誌の調査によると、飛行機や新幹線の中での救助要請のドクターコールに対し、多くの医師が不安を抱いていることが分かった。ドクターコールがあった際、「応じるか分からない」が5割で、経験者のうち2割強が「二度と応じたくない」と回答した。医師の抱く最大の疑問は、「法的責任は?」「どんな患者が多いか?」「どんな薬品・機器が搭載されているか?」――だった。その3大疑問に順次答えていく。

応じた医師の法的責任はどうなる?の画像

ログインして全文を読む