福島県立大野病院の刑事事件の第4回公判が4月27日開催され、手術に関与した看護師と院長への尋問が行われた。加藤医師は業務上過失致死罪のほか、医師法第21条に基づく異状死の届け出義務違反に問われており、特に後者の関連で管理者である院長の証言が注目されたが、届け出義務違反を認定する証言は得られなかった。

福島・大野病院事件の第4回公判が開催の画像

ログインして全文を読む