夕張市の財政破たんにより、夕張市立総合病院は4月1日に公設民営化し、有床診療所「夕張医療センター」(理事長:村上智彦氏)に、姿を変えた。3月末まで夕張市立総合病院で副院長として実質的に病院を支えてきた松山友彦氏に、夕張市立総合病院の最後について話を聞いた。

自治体の破たんに直面して感じたことの画像

ログインして全文を読む