終末期を迎えた患者に、延命措置を中止したり差し控えた経験がある医師は76.2%。自分自身に死期が迫っていて、耐え難い肉体的苦痛があった場合には、54.8%が積極的安楽死を希望する――。2006年の年末、日経メディカル オンラインの医師会員を対象に行った調査で、医師の終末期医療に対する考えの一端が明らかになった。

「積極的安楽死を望む」医師が半数超の画像

ログインして全文を読む