10年後の医療を占う上で、国の方針は大きな意味を持つ。過重労働と様々なプレッシャーで勤務医が心身ともに疲れ果て、「医療崩壊」とさえいわれる現状を立て直す術はあるのか。厚生労働省の医療政策の参謀役である総括審議官の宮島俊彦氏に聞いた。

厚生労働省総括審議官 宮島俊彦氏に聞くの画像

ログインして全文を読む