福島県立大野病院事件の刑事事件の第3回公判が3月16日開かれ、手術の麻酔医と助産師への証人尋問が行われた。しかし、麻酔医の証言は曖昧な部分が少なからずあり、また助産師への尋問は被告の加藤克彦医師の過失とは直接は関係がない事項も多く、同医師の過失の有無を判断する決め手となる証言は出なかった

ログインして全文を読む