「多くの脳梗塞患者を寝たきりから救える薬」と期待されて登場した血栓溶解薬アルテプラーゼ(t-PA)。実際、どれだけの患者を救えたのか、副作用は頻発していないのだろうか。市販後調査の結果と国内外での使用経験を見ると、一見さほど効果が表れていないように見えるが、これは死亡例や副作用に比べ、転帰が良好な症例の報告までに時間がかかるためだ。

血栓溶解薬t-PAはどれだけ患者を救ったかの画像

ログインして全文を読む