小児科医の中原利郎氏の労災認定をめぐる行政訴訟の判決で、東京地裁は3月14日、被告である新宿労働基準監督署長の処分を取り消し、中原氏の自殺を労災と認定した。小児科医が過労で自殺した事案で、労災と認定されたのは今回が初めて。また医師の過労自殺が行政訴訟で認められたのは、一昨年の水戸地裁の判決に続き2件目。

小児科医過労死裁判、原告勝訴の画像

ログインして全文を読む