名古屋地裁で2月27日、出産時に女性が出血性ショックと思われる原因で死亡、担当医の桑山産婦人科(名古屋市港区)の桑山知之被告が業務上過失致死罪で起訴された事件の判決があり、罰金50万円の求刑に対し、医師の過失は認められないとし無罪を言い渡した。検察側は控訴期限の3月13日までに控訴せず、医師の無罪が確定した。

ログインして全文を読む