胃潰瘍の治療に除菌療法が普及する中、専門医らが新たに問題視しているのが、除菌後の内視鏡検査受診率の低さ。除菌で胃癌や胃潰瘍再発のリスクは圧倒的に減るものの、油断してフォローを受けていない中から進行胃癌が散見されている。

ピロリ除菌後も油断は禁物の画像

ログインして全文を読む