2月23日の福島県立大野病院の第2回公判では、手術に立ち会った外科医と、緊急時に備えて応援要請を依頼されていた近隣病院の産婦人科医の2人が証言に立った。医師が刑事裁判の証人になるというのは、どんな状況に置かれるのか−−。まず一番に上げられるのが、精神的緊張を強いられる苦労だろう。

ログインして全文を読む