「切らずに治せる」「術後に痛みがない」「日帰りでできる」−−。近年、このような低侵襲さをウリにした内痔核の治療法が次々登場し、患者にとって医療機関受診の敷居は低くなりつつある。しかし低侵襲だからといって、術者にとって簡単な治療法というわけではなく、肛門診療に精通した医師による慎重な施術が求められている。

進化する内痔核治療に警鐘の画像

ログインして全文を読む