若年者のヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)感染率は低いことから陽性者はどんどん減っていき、欧米に遅れて始まった除菌治療も今ではポピュラーなものとなった。それでも、現在のH.ピロリ感染者に対する限り、除菌療法の成功率低下など、課題はまだまだ多い。この状況に対応する策として待ち望まれているのが、クラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールを使う除菌療法の保険適用だ。

ピロリ陽性者は減るも、尽きない課題の画像

ログインして全文を読む