出血で見付かることが多く、一度出血すると重篤化するケースが多い。原因である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の休薬が困難なことも少なくない−−。そんなNSAIDs潰瘍への認識は高まりつつあるが、最近新たに問題視されているのが低用量アスピリンによる潰瘍だ。

アスピリン潰瘍の予防が急務の画像

ログインして全文を読む