セクハラを受けたことがある女性医師は52.0%。「身体に不必要に接触する」「性的関係を迫る」といった典型的なセクハラに加え、「結婚・出産しないことを批判的に語る」「『女には任せられない』などの差別的な言動を取る」など、日常的な発言の中に潜むセクハラを指摘する声も少なくない−−。昨年11〜12月、日経メディカル オンラインの医師会員を対象に行った調査で、医療機関におけるセクハラの実情が明らかになった。

ログインして全文を読む