日経メディカルと日本経済新聞社が実施した合同調査によると、未破裂動脈瘤治療の実施施設を「施設の構造、診療の過程、治療成績」の3つの観点から「ABC」の3段階でそれぞれ格付けを実施した結果、3つの観点のすべてでA評価となったのは、回答があった426施設中44施設だった。また、3つの観点のいずれかがB評価で残りがA評価となった施設が計46あった。一方、すべてにおいてC評価となった施設は2病院だった。

未破裂動脈瘤治療の実力病院を格付けの画像

ログインして全文を読む