国立国際医療センターリハビリテーション科の藤谷順子氏が、隔週で靴専門外来をスタートさせたのは2004年11月のこと。それまでは、リハビリテーション科に設けられた装具外来で、ひざ装具やコルセットなどとともに医療用の靴の作成も行っていた。

靴専門外来@国立国際医療センターの画像

ログインして全文を読む