最近、日帰り手術や入院日数の短い手術が一般化したことに伴い、術後の悪心や嘔吐への対策に関心が高まっているが、東邦大大森病院麻酔科助教授の藤井善隆氏は、術後の患者全員に「つぼ押し療法」を指導し、効果を上げている。

「つぼ押し」で術後の悪心・嘔吐を防ぐの画像

ログインして全文を読む