10月5日昼前、高齢の男性が焼身自殺を図った。場所は、筑波メディカルセンター病院(茨城県つくば市)の玄関正面の遊歩道。男性はガソリンを体にかけ、遊歩道にあるコンクリートでできたいすに腰掛け、自ら火をつけた。瞬く間に全身が炎に包まれ、周囲は騒然となった。

病院前で患者が抗議の焼身自殺の画像

ログインして全文を読む