感染性胃腸炎が全国的に猛威を振るっている。奈良、大阪では感染した高齢者に死亡者も出た。「小児科を受診したら、待合室にガーグルベースを抱えた患者が並んでいて驚いた」(30代女性)、「患者が多発しているが、個々の患者の有症期間が短く、消毒の徹底が難しい」(都内B区の保健師)など、医療機関や自治体は殺到する患者への対応に追われている。

感染性胃腸炎が猛威、近畿では死者もの画像

ログインして全文を読む