若手医師の勤務時間は「12〜15時間」が一般的であり、中には1日「15時間以上」勤務の医師もいること、大学病院の方が市中病院よりも勤務時間は長いことが、『日経メディカル Cadetto』の若手医師勤務実態調査で明らかになった。

「12〜15時間」勤務が最多、大学の多忙さ顕著の画像

ログインして全文を読む