粗暴な行動を取ったり、要求内容が過大であるといった患者からの「悪質クレーム」、患者ハラスメントを、76.9%の医師が経験。暴力を受けた経験を持つ医師も12.1%に上る。一方で、暴力や悪質クレーム対策のマニュアルを策定したり連絡手順を決めている施設は3割程度にとどまる−−。今年9月、日経メディカル オンラインが医師会員を対象に行ったアンケートで、患者ハラスメントを受けた医師の実態が明らかになった。

患者ハラスメントを8割弱の医師が経験の画像

ログインして全文を読む