今年7月には事実上、常勤医のいない病院となっていた舞鶴市民病院(京都府舞鶴市)に、10月より明石回生病院から2人の医師が常勤医として着任した。「今回の騒動で、医師の確保の難しさを改めて感じさせられた」と語る舞鶴市長の江守光起氏は、同病院を来春を目処に公設民営、療養型に転向させる方針だが、給与体系や人員配置の見直しなど、病院再建の肝となる問題の解決のめどはまだ立っていない。

医師確保に奔走、復活かける舞鶴市民病院の画像

ログインして全文を読む