10月12日、東京都内のホテルで、「ポスト小泉政権の医療政策」と題する公開シンポジウムが開催された。主催した医療経済フォーラム・ジャパンによれば、出席者は約450人。聴衆は、自由民主党の国会議員や厚生労働省・財務省の官僚らによる講演やシンポジウムに熱心に耳を傾けていた。

来夏の参院選が一つの焦点の画像

ログインして全文を読む