「少々の受診抑制は我慢しても、医療機関の消費税を非課税から課税に変えるべき」、「当面ゼロ税率や軽減税率の実現はムリだから、病医院は課税事業者になるしかない」――。10月7日開催の日本医師会臨時代議員会では、病院を中心に経営の重荷となっている消費税に関し、悲壮感さえ漂う意見が相次いだ。

ログインして全文を読む