へき地の医療機関で医師を採用しようとしても容易には集まらない−−。プライマリケアに関心を持つ学生・研修医は少なくないが、それに応える教育・研修の場が確保できない−−。そんな地域・行政が抱える問題と、大学側の悩みの両方を解決しようとする試みが始まっている。それが「いばらき地域医療研修ステーション」だ。

医師不足を教育・研修の充実で解消の画像

ログインして全文を読む