「医師が一方的に説明し、私の考えや意思を尋ねなかった」「症状や治療について質問できないことがあった」−−。これらは、治療中断者に対して行ったアンケート結果から浮かび上がってきた、患者の本音だ。この調査を行ったのは、大阪府や兵庫県で急性期病院や介護老人保健施設などを経営している特別・特定医療法人愛仁会本部(大阪市北区)。この調査結果を、TQM(Total Quality Management)による医療の質向上につなげたい考えだ。

患者が受診を中断する理由とはの画像

ログインして全文を読む