膵癌家系の健常者から、膵臓を全摘出する手術が国内で行われていたことが明らかになった。「見つかったときには手遅れ」のケースが多いとされる膵癌だが、健常者からの膵臓全摘出は世界的にも例がないという。「究極の予防医療」か、それとも他に取るべき選択肢があったのか――。

ログインして全文を読む