救急の現場で最も対応に苦慮するのは、精神科関連の患者だ。患者の精神的な状況をどう判断したらいいのか、搬送先の医療機関にどう伝えればよいのか−−。こうした救急隊員の強い要望を受けて、国立病院機構熊本医療センターと熊本大病院は、救急現場で精神疾患を簡便に評価できるスケールを作成、試用を開始した。これまでのところ隊員には好評だが、一方で精神科患者を救急で受け入れる体制の不備が浮かび上がっている。

救急現場で精神疾患を簡便に評価の画像

ログインして全文を読む