米国外科学会(ACS)は、「手術の症例数と成績は必ずしも関係がない」とし、各施設が扱う症例の難易度を調整した死亡率などの指標によって施設の治療の質を計測している。日本では中央社会保障医療協議会(中医協)の「診療報酬調査専門組織 手術に係る施設基準等調査分科会」によって、「手術件数と手術成績の関係に関する調査」が進められようとしている。米国の経験から、日本への教訓となることを探してみよう。

質の計測が報酬にも直結する時代への画像

ログインして全文を読む