「接待では必ず10万円以上(2〜3人で)。何かと理由をつけては呼び出し、その時の飲食代をメーカーに払わそうとしていた。大口ユーザーなため、泣く泣く自腹を切ることも多かった」。こんな悲痛なコメントを寄せたのは、ある製薬企業の30歳代の男性MR(医薬情報提供者)だ。

一番困るのは「過剰な接待を要求する医師」の画像

ログインして全文を読む