地域で十分な医師を確保できないことなどから、自治医大の定員増を求める声は強い。だが、地域の中核病院で働く医師の多くは地元の大学出身者で、自治医大卒業医師が十分に活用されているかという疑問がわく。自治医大卒で、現在霧島市医師会医療センター(鹿児島県霧島市)内科部長を務める重田浩一朗氏に話を聞いた。

なぜ自治医大卒医師は地元に定着しないかの画像

ログインして全文を読む