2007年から医療法人による有料老人ホーム経営がいよいよ解禁される。これにより、医療機関が、有老ホームなどの高齢者住宅を経営する時代が本格的に到来する。解禁に先駆ける形で、関連会社などで高齢者住宅事業に参入した医療機関も既に数多くある。医療機関にとって高齢者住宅を持つことのメリットは何か、医師が“作る”ホームは激戦の業界で果たして勝ち残ることができるのだろうか。

医師が“作る”有料老人ホームの画像

ログインして全文を読む