6月14日、日本で医療法改正案が可決した。「国、地方公共団体は患者が医療機関の選択に必要な情報を得られるようにする」「医療提供施設は、患者が医療サービスを選択できるよう、情報を提供しなければならない」といった内容が盛り込まれている。具体的にどんな情報をどのように提供していくか、今後の検討課題となる。

全米に広がるパブリック・リポーティングの画像

ログインして全文を読む