ヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)の発見で、西オーストラリア大名誉教授のロビン・ウォーレン氏とともに2005年度ノーベル医学生理学賞を受賞した同大学教授のバリー・マーシャル氏が今年3月に続いて7月に再来日し、日経BP社との単独記者会見に応じた。H.ピロリ発見に至るエピソードを中心に、日本の医学研究者と臨床医家へのメッセージを交えて語ってもらった。

ピロリ菌発見者マーシャル教授に聞くの画像

ログインして全文を読む