適応外処方に関して、医師は「必要な場合に限定的に行うのであれば問題ない」と考え、症例報告や国内外の臨床試験結果などから情報を収集。現在使われている適応外処方は150種類超−−。本サイトと薬局薬剤師向け月刊誌『日経ドラッグインフォメーション』が共同で行ったオンライン調査により、適応外処方に関するこのような実態が明らかになった。調査結果の詳細をリポートする。

2006年版・これが適応外処方の実態だ!の画像

ログインして全文を読む