病院外で心停止に陥った人を救命するには、その場に居合わせた人(bystander)による早期の心肺蘇生や除細動といった一次救命処置が欠かせない。だが、bystanderによる心肺蘇生の実施率は十分ではない。この実施率を高めるための方策として、一般市民に抵抗感が強い人工呼吸を省き、心マのみを行うシンプルな蘇生法が注目を集めている。

心肺蘇生は「心マ」だけでも大丈夫の画像

ログインして全文を読む